退居が決まったらやる事|安い費用で引越しはできる!負担なく新しい土地へ移動する方法

安い費用で引越しはできる!負担なく新しい土地へ移動する方法

レディ

退居が決まったらやる事

ダンボール

早めに伝えましょう

引越が決まったら、手続きとしてまず不動産に退居の旨を伝えましょう。すでに退居の日程が決まっているなら日時も伝えます。入居の際に不動産と契約書を交わしていると思いますが、その中には、退居時の注意事項も記載されていると思います。もう一度、契約書に目を通しておきましょう。引越が決まったら不動産には、最低でも1か月前に伝えることが大事です。引越ギリギリに不動産に退居を伝えては、退居後も家賃の支払いを請求される恐れがあります。月額あるいは日割りで発生する可能性があるので注意が必要です。引越の手続きの1つとして、後回しにせず、すぐに不動産に退居を伝えるのが一番です。不動産から退居届を含め、他にも必要な提出書類があれば用意してくれるので、スムーズな手続きをしていくために、もし、わからない事があれば不動産に尋ねましょう。引越の手続きに必要な準備や手順を教えてくれます。

様々な準備があります

郵便局に転居届を提出します。転居届を提出しておくと、1年間は旧住所の郵便物でも新居に届けてくれます。転居届を提出してから、新居に届くように反映されるまで提出してから10日くらいかかるので、余裕をもって郵便局に提出しましょう。もし、直接出向けない場合は専用ハガキをポスト投函できますし、今はインターネットでも届けが出来るようです。インターネット回線を利用をされている人は、転居することを回線会社に連絡する必要があります。不動産でしてくれるところもあるようですが不動産に確認し、個人で手続きが必要な時は個人で連絡します。電気、ガス、水道会社にも退居の連絡をいれます。ガスに関しては退居の際、ガス会社から立ち合いでお願いされますので、事前に打ち合わせが必要です。